上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.27 大切
20070127225350.jpg



「叔母さんは、ゆきみちゃんの犠牲になったんだね」




私が中学生の頃
近所のおばさんが言っていた言葉です。

私の母は、私が2歳のときに亡くなりました。
以来、私を育ててくれたのは叔母です。

私の記憶の中に母はいません。
叔母は母の代わりではなく、母そのものだったのです。

でも
叔母がいつもそばにいてくれたことに
何の疑問もなかった私を変えたのはこの一言でした。

叔母は私を育てるために結婚しませんでした。
そのことに後悔はなかったと、話してくれたことがあります。

私のために誰かが犠牲になるなんて・・・
私は悩みました。

10代の頃は屈折した考え方をしたりしましたが
今はただ「感謝」の一言に尽きます。

私にはふたりの母がいます。
私を産んでくれた母と
私を育ててくれた母です。

私はこのふたりの母がとても大切です。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kousakayukimi.blog69.fc2.com/tb.php/64-b1ffab14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。